【コロナ復興支援プログラム】食べて漁師を応援プロジェクト 高知県須崎市



漁師直送の美味しい真鯛とブリを食べて食を未来へつなごう!高知県須崎市「みなみ丸」

Point≫

  • 売り先がない迷子の鯛とブリが約150万尾

  • 料理人が認める美味しいおさかなを食べて応援

  • 送料全額負担!いつもよりお得な支援価格

    高知県は古くから養殖の盛んな地域です。なかでも須崎市はマダイやブリ類の養殖が盛んで、漁業者が代々にわたり養殖技術を磨き上げてきた結果、年間約18,200トンもの養殖魚を世に送り出すに至りました。その生産量はマダイが全国4位、ブリ類は全国4位を誇ります。須崎市は、地形的にも養殖に有利で、黒潮が流れる外海の流れは速く、養殖場のある内海は水面穏やかに安定しつつも、海水の入れ替わるバランスがとても良いことから、海を汚さず自然に優しい漁業が営まれます。これにより親から子へ、子から孫へと持続可能な漁業が出来るのです。

    いま、コロナの影響で全国各地の真鯛とブリの生産現場が危機的な状況に陥っています。

     

    料理人が認める高品質の養殖技術

    「ホントにこれが養殖魚?」

    料理人も驚いた高知県で養殖されるお魚たち 

    「絶対に養殖魚は使わない!」

    そう言っていた板前さんが、初めて養殖魚を使ってくれました。板前さんに認めてもらえたお魚は高知県須崎産の養殖魚です。

    本来ならば高級料理店やお寿司屋さん、ホテルなどへピッチピチの状態でお届けできたお魚たち。生け簀で育つお魚たちが健康でのびのびと成長できるよう、雨の日も風の日も、もちろん暑い日も寒い日も、毎日、毎日、朝に晩にとその姿を見守ってきました。

    でも、いまは新型コロナの影響を受け、育てたお魚の多くが巣立ちの旬を逃そうとしています。その数なんと鯛とブリ合わせて150万尾。。

    想いを込めて育て上げた“いお”(魚)が泣く

    今回のコロナの影響で飲食店などに出荷ができなくなり、出荷サイズに育ったお魚が大量に売れ残る事態となりました。このままでは生活できない漁業者も出るなど、養殖業そのものの継続が難しくなってしまいます。

    そんな状況を目の当たりにした私たち加工業者の「みなみ丸」は、この須崎市の漁業者と力を合わせ、消費者の皆さまへと最高に美味しいタイミングでお届けできるよう、お魚たちの行き場を作りたいと考えました。

    一人でも多くの皆様にお届けするため、通常よりもお得なお買い物ができるよう努めています。この機会に最高のお魚を召し上がりながら、漁師さんを一緒に応援しませんか?

     

    ”私たちがお届けします”

    株式会社みなみ丸は高知県須崎市にあります。目の前に広がる土佐湾は日本三大漁場の一つである。黒潮海流が近く豊富な天然の水産資源を得ることができます。また、須崎市には野見湾という養殖に適した海域もあり、特にカンパチ養殖はその発祥地として広く知られています。