海援鯛と菜の花のポワレ 粒マスタードソース/INAGAKI亭

海援鯛の皮をパリッと焼き、旬の菜の花と相性のいいマスタードのソースでご用意しました。

INAGAKI亭

材料(1人前)

  • ・海援鯛切り身 100g
  • ・菜の花 2本
  • ・ソース(つくりやすい分量) 
  • (白ワイン 200cc ブイヨン 400cc 生クリーム 200cc 玉葱1個 バター 適量 粒マスタード)

所要時間

20分

作り方

  • ①ソースを作ります。玉葱は、繊維にそってスライス。バターで玉葱をしっかりソテーし、甘味をを出したら、分量の白ワインを入れて、ゆっくり煮詰めます。水分がなくなる手前で、ブイヨンを加えて、3分の1ぐらい煮詰めます。煮詰まったら、一度漉して、鍋に戻して、生クリームを加えて、好みの濃度まで、煮詰めます。仕上げに塩、胡椒で味を整える。
  • ②菜の花を塩茹でる。(硬めに火お入れる)
  • ③海援鯛は、約30分前に塩をして、フライパンにオリーブ油を敷き、低温で海援鯛の皮面から焼く。徐々に温度を上げて、8割りほど火が入ったら、フライパンに②の菜の花を入れ、海援鯛の身を乗せて、蒸し焼きにする。
  • ④ 海援鯛に火が入ったら、お皿に菜の花、海援鯛を盛り付けて、①のソースに粒マスターどを適量加えて、海援鯛にかける。

料理のポイント

海援鯛の皮面はカリカリに焼き上げて、身の方は余熱で火を入れるイメージで、火入れると、身はジュウシーで美味しいです。

Leave a comment