活伊勢海老と根昆布のキタッラ/チッタアルタ

活伊勢海老のみそで作ったパスタソースに伊勢海老の身と根昆布を練り込んだ生パスタをあわせました。 濃厚な伊勢海老の風味と甘味、モチモチしたパスタの食感を楽しんでいただく料理です。

チッタアルタ

材料(2人前)

  • ・伊勢海老1尾
  • ・根昆布5g
  • ・セモリナ粉50g
  • ・強力粉50g
  • ・ニンニク適量
  • ・アンチョビ適量
  • ・カラスミ適量
  • ・長ネギ20g
  • ・オリーブオイル適量

所要時間

1時間

作り方

  • ①生パスタを作る(レシピの分量の10倍20人前が作りやすい) 根昆布で昆布水をとり、根昆布を取り出し少量の昆布水とミキサーにかけペースト状にする。 セモリナ粉、強力粉、ペースト状の根昆布をパスタマシにいれ、昆布水を少しずついれながら適度な固さに練り上げる。 パスタカッターでキタッラ(イタリア語でギターの弦)の形に切り出す。
  • ②伊勢海老を沸騰さた湯で2分茹でる 身を取り出し一口大に切る。 頭からみそを取り出す。
  • ③パスタソースを作り、パスタを茹で仕上げる。 鍋に長ネギを一口大に切ったものオリーブオイルをいれ、弱火でじっくりと過熱する。 別の鍋にオリーブオイル、ニンニクのみじん切りをいれ火にかけ香りを出す。アンチョビ、伊勢海老のみそ、身を加え軽く炒める。 パスタを塩少々をいれた湯で2分茹で長ネギと共に伊勢海老のソースに加え合える。 皿に盛り付けおろしがねでカラスミをけずりかかける。

料理のポイント

伊勢海老は最初に中まで火を入れずパスタと合えるとき余熱を使う。パスタの湯で水でできあがりの水分量を調整する。

Leave a comment