鰆の焼き霜小袖寿司 車海老と釜揚げ海老添え/手一束

前菜や口替わりにピッタリの逸品です 脂の乗った鰆ならではの焼き霜の甘みと旨味が寿司飯と優しく馴染んでお口の中でとろけてゆきます。応用の効く料理なので様々なスタイルに変化させるのも面白いものですよ

手一束

材料(2人前)

  • ・鰆60グラム
  • ・寿司飯50グラム
  • ・釜揚げ海老
  • ・車海老2尾
  • ・ガリ適量
  • ・塩少々
  • ・醤油少々
  • ・炒りごま少々

所要時間

30分

作り方

  • ①最初に寿司飯を合わせておきます
  • ②粗熱が取れたら煎り胡麻を混ぜておきます
  • ③車海老を塩茹でして粗熱が取れたら殻を剥いておきます
  • ④鰆は水洗い後、使いやすいサイズに柵取りして金串を打って皮目に軽く塩を当てておきます
  • ⑤バーナーで皮目をしっかり炙り冷凍機か冷蔵庫で急冷します、氷水だと身が水っぽくなるので注意して下さいね
  • ⑥巻き簾で小袖寿司に仕上げ適当な大きさに包丁して、刷毛で醤油を塗っておきます、山葵醤油にしても尚宜しいですね
  • ⑦器に季節の懐敷を敷き小袖寿司を盛り付け、車海老を添え、釜揚げ海老を彩に散らして、ガリを添えて完成です

料理のポイント

鰆は脂が乗ってないとパサつきます、鮮度が悪いと焼き霜にした時に皮に穴が開きやすいので全てにおいて見極めが肝心です、寄生虫がいる事もあるので注意してください

Leave a comment