一本煮穴子炙り/定禅寺通りのわしょく 無垢とうや

穴子を柔らかく煮ました。わさびと塩で食べると日本酒に合うおつまみです。

定禅寺通りのわしょく 無垢とうや

材料(5人前)

  • 1.穴子・・・10本、塩・・・適量
  • 2.煮汁(水・・・2000cc、酒・・・2000cc、醤油・・・500cc、砂糖・・・500g)
  • 3.わさび・・・適量
  • 4.塩・・・適量

所要時間

40~50分

作り方

  • ①穴子を適量の塩で揉み、水で洗い表面の滑りがなくなるまで繰り返して滑りを取ります。
  • ②洗い終わった穴子を背開きにし、おろします。
  • ③背開きにした穴子を熱湯に2〜3秒ほど入れ、すぐ氷水に落とします。
  • ④氷水に落とした穴子の皮に白いものが浮き出てきたら綺麗に洗い流し、水気を切ります。
  • ⑤煮汁を作ります。煮汁の材料を鍋に入れ沸かします。
  • ⑥煮汁が沸騰したら穴子を入れ、落とし蓋をし、弱火にし15分煮ます。
  • ⑦15分煮たら火を止め、粗熱が取れるまでそのまま 冷まします。
  • ⑧粗熱が取れた穴子の表面をガスバーナーなどで炙り、一口大に切り盛り付け、わさびと塩を添えます。

料理のポイント

穴子の滑りがきれいに取れてないと、生臭い煮穴子になります。

Leave a comment