広島産牡蠣のコンフィとキノコのアラビアータ(生パスタ)/ビストロToraya ときわ台店

牡蠣を低温オイルでゆっくり火を入れて、色々なキノコと特製トマトソースでピリ辛に仕上げたパスタです。

ビストロToraya ときわ台店

材料(1人前)

  • ・生パスタ…130g
  • ・牡蠣のコンフィ6粒
  • ・トマトソース…90cc
  • ・キノコ(エリンギ、マイタケ、しめじ)合わせて…50g
  • ・塩、パセリ、ニンニク、オリーブオイル…適量

所要時間

30分

作り方

  • ①牡蠣のコンフィは弱火で1時間、オリーブオイルでゆっくり火を入れる、オレガノ、タイムなど、香草を入れる事により臭みも消える。
  • ②トマトソースはホール缶、2.5kgに対し20gの塩を入れて、1時間煮詰める。仕上げに玉葱1個分をみじん切りしてソテーした物を加えて完成。
  • ③パスタをたっぷりのお湯で茹でる。パスタの種類によって異なりますが、麺自体に塩分が入っているものはお湯に塩は不要。記載の湯で時間より1分半ほど前にあげる。
  • ④ニンニク、オリーブオイル、唐辛子を香り付けし、キノコを炒め、トマトソース、牡蠣のコンフィ入れ少しソースを詰める。
  • ⑤パスタとソースが上手く絡み合ったらお皿に持って完成。塩で味は整える。

料理のポイント

生パスタなので、茹で時間が短すぎると粉っぽさが残ってしまうので注意。

Leave a comment