秋鮭昆布巻き/柳橋きたろう場内

秋鮭の切り身と昆布を歯切れの良い食感と旨味を味わえる一品です、ご飯のお供や晩酌の一品にいかがでしょうか?日持ちもするので安心です。

柳橋きたろう場内

材料(3人前)

  • ・秋鮭切り身 6切れ
  • ・板昆布 3枚(約50cm程)
  • ・水 1800cc
  • ・酒 180cc
  • ・薄口醤油 120cc
  • ・みりん 90cc
  • ・砂糖 150g
  • ・干し干瓢 20g
  • ・塩 10g

所要時間

10分

作り方

  • ①まず、秋鮭に塩を振り軽く下味と臭みを取ります。
  • (だいたい10分ほどおきます)
  • ②昆布をお湯にくぐらせて戻します。
  • (戻し過ぎないように何回かに、分けて軽く芯が残るぐらいまで戻して、キッチンペーパーで、水気が無いように拭き取ります。)
  • ③昆布を20cm程度に切り、鮭を乗せて鮭が、覆いかぶさる用に巻いて転がして巻いていきます。巻けたら軽くお湯で戻した干瓢をで、結び(大きければ2-3ヵ所巻き)昆布を固定します。
  • ④お鍋に昆布巻きを並べてから、水と、お酒を入れて弱火で30分から、1時間程煮込みます。(鮭と、昆布からあくがでるので少しづつ取ってください。)湧かない程度のお湯で、ゆっくり煮てください。
  • ⑤炊いてから少しづつ水が減るので追い水を忘れずに、竹串を刺してスゥーと、 入ったら調味料を加えます。(薄口醤油、みりん、砂糖)
  • ⑥調味料を加えてからは、煮立たせないようにゆっくり煮て、味が染み込んだところで中火にして、 煮詰めていきます。
  • (濃度か濃くなると当たりやすくなるので気をつけてください。)
  • ⑦ある程度汁気が無くなったところで完成です。
  • (火を止めてから粗熱を取るとより味が染み込見ますよ!)

料理のポイント

昆布を戻し過ぎると炊いていく内に溶け焦げるので気をつけてください。甘味と塩味は、好みで調整してください。

Leave a comment