穴子のフリット、カレー風味/Bistrot Lucci(ビストロルッチ)

カレー風味にして揚げることで、香り豊かで穴子の身はふっくらと仕上がっています。付け合わせのウドのシャキシャキした食感と瑞々しさが口をサッパリとさせ最後まで飽きずに召し上がれます。

Bistrot Lucci(ビストロルッチ)

材料(1人前)

  • ①穴子・・・1/2尾
  • ②薄力粉・・・30g
  • ③カレー粉・・・3g
  • ④ビール・・・15g
  • ⑤ドライイースト・・・0.5g
  • ⑥ウド・・・1/5本
  • ⑦空豆・・・2粒
  • ⑧茹で卵・・・1/2ヶ
  • ⑨セルフィーユ・・・0.5g
  • ⑩ピンクペッパー・・・0.2g
  • ⑪マヨネーズ・・・30g

所要時間

1時間

作り方

  • ①ボールに薄力粉とカレー粉、ビールとドライイーストを混ぜてラップし40℃くらいの所に15分程置いてイーストを発酵させる(フラッター粉)。
  • ②穴子を捌いて7センチ程の長さにカットをして2mm間隔で骨切りをする。
  • ③穴子の両面に塩、胡椒をする。
  • ④イーストが発酵してフラッター粉が膨らんだら③の穴子に軽く薄力粉(分量外)を付けフリッター粉にくぐらせて180℃の油でカレー粉が焦げないように注意しながら揚げる。 揚がったらキッチンペーパーに乗せて余分な油をきる。
  • ⑤ウドの皮を剥きフライパンで焼き色を付ける。
  • ⑥ウドの皮は薄力粉(分量外)を付け油で揚げる。
  • ⑦空豆はさや付きのままオーブンで焼き空豆を取り出したら皮を剥く。
  • ⑧茹で卵を作り、白身と黄身で別々にザルで濾して塩とオリーブオイルでソースにする。
  • ⑨お皿に穴子とウドを盛り、茹で卵のソース、マヨネーズをそれぞれしいて、セルフィーユ、ピンクペッパーを飾って完成です。

料理のポイント

揚げることで穴子の小骨を感じにくくしますが、揚げすぎるとふわふわ感が失われるので、穴子を揚げる時間の見極めがこの料理の決め手です。

Leave a comment